冷え性改善!ホットヨガはメリットだらけ

そもそもホットヨガは普通のヨガと何が違うの?

インド伝来のヨガは既に人気が高く、休日や平日の仕事帰りに通う女性は沢山います。ヨガには色々な種類があり、インストラクターや通うのに便利な教室の立地など以外にも、こんな特徴があるヨガをしてみたいと思う方はまずは情報収集から始めなければなりません。

ここ数年で話題になってきたのはホットヨガです。普通のヨガがさほど高くない気温の中で行うのに対し、ホットヨガが体が一番柔軟になりやすい室温で行うヨガのことをさします。室温は高く、約39度、そして湿度は55パーセントから65パーセントですから、高温多湿の中でゆっくりと体を伸ばすイメージですね。

室温が高いところで行うので通常のヨガに比べると体温の上昇が早く、大量に発汗します。汗は老廃物を出したり人間の体温を調節したりする役割がありますから、ホットヨガを行うと発汗作用によるデトックス効果と、筋肉が十分にのびる環境を作ることでよりリラックスする効果があります。

腹式呼吸と胸式呼吸をポーズによって使い分けるので、新陳代謝を促進させてダイエット効果も狙います。 ホットヨガ教室は都会であれば探すのには困りません。例えば大阪のなんばにも沢山の教室があります。

ホットヨガで冷え症は改善される?

女性にとって冷えは大敵です。冷え性が原因で全身に影響をし、肩こりや生理不順などの多数の嬉しくない症状が現れます。体が芯から冷えているので寒くて眠りが悪くなり、不眠にも悩まされ、疲れが取れなかったり精神的に不安定になったりする人もいるのです。

冷え性は血流不良が原因なので、治すにはまず体を温めて血管を広げ、全身の血流をよくすることが大切で、ホットヨガは室温が高い中でゆっくりと動き、大量の汗をかきますから全身くまなく温まります。筋肉を和らげリラックスし、汗をかいて老廃物を出すことでむくみが取れ、血流が改善されていくのです。

沢山汗をかくことは心拍数を上げますので、より多くの血液が体を循環するようになります。血行がよくなれば肩こりや眼精疲労、更年期障害などの症状が軽くなるのが判るでしょう。また、ホットヨガでは大量に水分もとるので、腸内環境もよくなります。その結果便秘も解消され、全身へ栄養が行き渡りやすくなるのです。

ホットヨガを続ける内にインナーマッスルも鍛えられ、体の内側から改善していくことで全身に良い影響が出てくるのです。冷え性や頑固な便秘、ストレスによる暴食暴飲や集中力の欠如が改善されるなど、ホットヨガには素晴らしい効果があります。

参考サイトはこちら⇒ なんばのホットヨガ