女性でもひげは生える!産毛の正しい処理方法とケア

ひげが生えても焦らない。正しい処理方法

女性でもひげは生えます。うっかりお手入れの手を抜いて生活をしていると、口の周りにうっすらとひげが生えてしまいます。 日頃から産毛を含めたひげの処理を怠らないようにしましょう。処理の種類は色々とありますが、自宅で気軽にできる電動カミソリでのケアがお勧めです。

肌を傷めないように、ひげや毛の流れに沿ってカミソリを当てる様にしてます。そっと優しくゆっくりと撫でるように剃ります。早く沢山剃りたいからと、毛の流れに逆らって力を入れてしまうのは危険です。肌を傷つけて、最悪の場合出血の恐れもあります。 正しくカミソリを使用しても肌の表面の角質は取れてしまいます。それに伴なって肌の水分が減少し、肌荒れの原因に繋がります。

カミソリを使用した後には、低刺激性の化粧水と乳液またはクリームで肌の保湿を行います。 処理後専用の化粧水やクリームも販売されていますから、自分に合う商品を使用するようにしましょう。

また、生理前や生理中は女性ホルモンがアンバランスになり肌荒れが起こりやすい時期ですから、処理は行わないように気を付けます。生理が終わって数日後のニキビや乾燥が落ち着いてからにしてください。

ひげはホルモンバランスの乱れの可能性も

女性でひげが生える原因のひとつとして、自律神経とホルモンバランスの乱れが考えられます。男性ホルモンは女性にも備わっており普段はほとんど使用されることはありませんが、これらのバランスが乱れてしまうと、男性ホルモンが出てきてしまいます。

原因として過度のストレスやダイエット、更年期や不規則な生活等が挙げられます。ひげを生やさないように、ホルモンバランスの乱れを少しでも整えるように日々の生活の中で心がけるようにしましょう。 イソフラボンやビタミンEを含んだ食品を意識して摂取すると、女性ホルモンの働きをカバーしてくれるためひげが生えてくるのを予防することができます。

イソフラボンは豆乳飲料にビタミンEはアーモンドに多く含まれていますので、おやつにこれらを接種すると効果的です。おやつは太ってしまうとマイナスに考えてしまうかもしれませんが、ホルモンバランスを整える治療の一種だと考えると、罪悪感も薄れて気分転換にもなります。

ホルモンバランスの崩れはひげだけではなく万病の元ですから、ストレスケアや食生活を改めて見直し、スキンケアをきちんと行ってきれいな肌を保つように心掛けましょう。

参考サイトはこちら⇒ 女性のひげ処理方法